忍者ブログ
  • 2020.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/07/10 16:09 】 |
松屋不動産のお客様の声「本当に午前0時までメール対応しているんですね」~東海大学アパート

みなさん<(`^´)>こんにちは!!いつもアクセスしていただきありがとうございます。

いよいよ梅雨入りした神奈川県秦野市 小田急線「東海大学前駅」周辺です。

 

本日は東京都H様より励ましのメールを頂きました。ありがとうございます。

H様はやはり東海大学の新入生なのですが、都内といえど千葉県よりで通学に大変そうだとのことでお探しにご来店いただきました。

 

ご入学予定の学部が工学部で研究室に入ると帰宅が遅くなるので勉学を中心にしたいというお子様の要望でお探しにみえました。

 

お子さんがご両親のことを気遣って当初の予算より 下げて探し始めたののでとっても印象的でした。

 

それでは

 

あ(・∀・)り(・∀・)が(・∀・)と(・∀・)う!

 

~東京都H様よりのメール~

福嶋さん。その節は大変お世話になりました。おかげさまで東海大学の入学式を終えほっとしております。

都内からなので十分に通学できるとは思いましたが、やはりこれからの4年間をより有意義に過ごしてもらうために

アパートを探し始め、御社のホームページにあたったときはとても印象に残っております。

当初はまだ実際に通うか借りるか決めていなかったのに定期的にメールにて情報をいただきとても感謝しております。

最初に問い合わせしたメールのお返事に午前0時までメール対応していらっしゃる旨が書いてありましたが、最初は本当かなと

思っておりました。メールをすればプログラムで自動的に返信するようになっているのかなんて思ったのですが・・・

まさか夜中の午前0時にメールの返事をいただける不動産会社さんなんて今まで出会ったことがなかったので。

実際に質問があったので午後11時半過ぎだったかと記憶しておりますがメールをしたところ、本当に午前0時ちょっとすぎに返事が来ました。

それだけでもびっくりするのに、具体的におすすめのお部屋の情報も頂いたりして2度びっくりしました。

特に目を引いたのがそれぞれのお部屋を紹介する文でこれはやはり地元に根ざしている会社だからこその文でとてもイメージがわきやすかったです。福嶋さんがおっしゃっていたように地元の小学校中学校高校の出身だからこそわかることなんでしょうね。

実際におすすめのお部屋を見させていただくとその通りで、行く前からイメージで来ていたので決断をしやすかったです。

おかげさまで娘も楽しく学生生活をおくれているようです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

東京都H

H様ありがとうございます。いや~本当に繁忙期の時期は夜中までメールのやりとりとあわせて物件の更新をしているものですから慢性的に寝不足状態ですが、H様をはじめ皆さんに喜んでいただいており、やりがいがあるというものですよ。

 

私も二児の父親なのでもし私が同じ立場で探すとしたらどんなことができるだろうと思ったのがきっかけです。

 

確かにインターネットが爆発的に普及してネットをやらない人がいないくらいの時代になりましたが、あくまでもネットはツールで、

そこにどんなサービスが提供できるかが大事だと思うのです。

 

それはいつの時代も同じで変わることがないのでしょうね。

 

まだ先ですが今年の賃貸の繁忙期に向けての新しいサービスを模索しており、それを今、検証しているところです。

 

さらにパワーアップする当社ホームページともども今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

秦野市賃貸伊勢原市賃貸東海大学賃貸なら

松屋不動産@神奈川県秦野市 小田急線東海大学前駅徒歩1分ですよ~

東海大学アパート

PR
【2010/06/14 15:31 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<初めまして松屋不動産福嶋です~東海大学アパート | ホーム | 東海大学前駅周辺はとっても暑かった~東海大学前駅賃貸~>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>